Watanakeesuntorn君の米国Salk研究所での研究インターンシップ

本研究室M2のWassapon Watanakeesuntorn君が,米国カリフォルニア州サンディエゴに所在するSalk Institute for Biological Studiesにインターン生として滞在を開始しました.

Watanakeesuntorn君は,Gerald Pao博士の指導の元で非線形時系列データ解析手法の一種であるEmpirical Dynamic Modeling法のGPUを活用した高速化に取り組んでいます.

Avatar
高橋 慧智
助教

高性能計算およびネットワーキング技術に関する研究に従事.次世代の大規模な高性能計算機におけるプロセス間通信やストレージI/Oの高速化に興味を持つ.