研究テーマ

ソフトウェア設計学研究室では,ソフトウェアやソフトウェアを含むシステムの開発・設計を支援する技術についての研究を行います.主なテーマは ,

  • ソフトウェアに関するデータ(ソースコードや開発履歴など)の分析
  • 開発プロセスや設計情報の解析
  • SDN(ソフトウェアディファインドネットワーク)を中心とした仮想化システム基盤構築技術
  • ソフトウェアアナリティクス(より適切な意思決定のためにソフトウェア開発の現状把握の深掘りを助けるためのデータ分析)
  • HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング,スーパコンピュータを用いた大規模な科学技術計算)

です.詳しくは, こちらをご参照ください.

ニュース

Purit Phanudom君、井原輝人君がSES2021 Workshop4で発表しました

当研究室のPurit Phanudom君、井原輝人君が SES2021 Workshop4で発表を行いました. 本発表ではPurit Phanudom君は「Int

杉浦 智基君がGoogle Summer of Code 2021に参加しました

M2の杉浦です。 2021年6月8日から8月17日にかけて行われた Google Summer of Code (GSoC) 2021に参加し、正式に修了しました。 私はこのGSoCではKube

高橋助教がメルボルン大学にて招待講演を行いました

本研究室の高橋慧智助教が,メルボルン大学の研究者らを中心とした研究コミュニティ Quantitative Methods Network (QMNET) にて招待講演を行いました. 講演では,本研究室が米国ソー

高橋助教が国際会議PEARC'21で発表しました

当研究室の高橋慧智助教が,科学技術計算・高性能計算に関わる国際会議 Practice & Experience in Advanced Research Computing (PEARC) にて, 下記の 論文を発表しました. Keichi Takahashi, Wassapon Watanakeesuntorn, Kohei Ichikawa, Joseph Park, Ryousei Takano, Jason Haga, George

井原輝人くんがソフトウェアシンポジウム2021で発表しました

本研究室の井原輝人君が ソフトウェアシンポジウム2021にて研究発表を行いました。 本発表では「自然言語処理的アプローチによるクラス図関連線の予

連絡先