奈良先端科学技術大学院大学 > 情報科学研究科 / 情報科学センター

広域分散システムとは

地理的に離れた複数のコンピュータをネットワークで結合して構築するシステムを広域分散システムと呼びます. グリッドやクラウドコンピューティングの発達により,広域分散システムはますます注目を集めていますが,その構築はまだまだ困難を伴います. 透過性の確保,同期・一貫性の維持,セキュリティ,複数の管理ドメイン間の整合などが課題としてあります.

また,今日のクラウドコンピューティング発展の基となった仮想化技術の発達により,計算機リソースやネットワークの配備・制御自体がプログラマブルになりつつあります. 今後は,この新しいプログラマブルな領域に対するソフトウェア工学的なアプローチも新しい研究領域として考えられます.

現在取り組んでいる研究テーマ

広域仮想クラスタシステムの構築

本研究では複数の異なる組織の計算機リソースを用いて,一つのクラスタシステムを構築する手法に関して研究開発しています. クラスタシステムは複数の計算機をネットワークで結合し,ひとまとまりにしたシステムで,並列・分散処理に適していることから広く利用されています. ただし,現在のところ,異なる複数の組織の計算機にまたがってクラスタシステムを構成する技術は確立されておりません. 異なる組織内の計算機はそれぞれ異なる管理ドメインに属し,ネットワークのポリシや計算機環境が多種多様なため,それらを統合的に扱うのが困難だからです. そのため,クラスタシステムの利用者は,一つの組織内の計算機リソースしか利用できず,スケーラビリティの観点から制限を受けます.

本研究では,現在,P2Pベースのオーバレイネットワークを用いた仮想ネットワークを活用し,異なる組織の計算機間を透過的に結合するシステムを開発することによって,仮想クラスタシステムの構築を試みています. また,P2Pの代わりに,近年急速に注目を集めつつあるネットワーク仮想化技術であるOpenFlowを用いた仮想クラスタシステムの構築にも着手しています.