奈良先端科学技術大学院大学 > 情報科学研究科 / 情報科学センター

コードクローン分析とは

コードクローンはソフトウェアのソースコード中に含まれる,類似または一致した部分のことを指します.コードクローンは一般的に,ソフトウェアの保守を行う弊害になるとされています.この研究グループでは,コードクローンの理解支援や評価に関して研究を行っています.

現在取り組んでいる研究テーマ

開発履歴を用いたコードクローン理解支援環境

コードクローンとは,プログラム中のソースコードのうち重複している箇所のこ とを指します.この研究では版管理システムが持つ開発履歴を利用してコードク ローンの変遷をわかりやすく提示する環境の構築を目指します.詳細はこちら

SHINOBI: コードクローン自動検出ツール

コードクローンはソフトウェアを修正する際,大きな問題となることが指摘されています. SHINOBI はプログラム中のコードクローンを自動的に提示することで,ソフトウェアの 修正作業を支援するツールです. 詳細はこちら