奈良先端科学技術大学院大学 > 情報科学研究科 / 情報科学センター

ソフトウェア設計学講座では,「デザインセンスの工学的追求」をテーマに,求められる機能を単に実現するのではなく,使いやすさ,わかりやすさ,保守のしやすさなど,さまざまな付加価値の込められたシステムプロダクトを実現するための手法について幅広く研究を行います.

現在は特に,ソフトウェアおよびソフトウェアを含むシステムの開発にかかわる技術,なかでも,ソフトウェア開発プロセスや上流工程と呼ばれる要求分析や設計のための技術について研究しています.ソフトウェアプロセスとは,ソフトウェア開発に関連する作業(要求定義,設計,コーディング,テストなど)の系列のことです.ソフトウェア設計学講座では,計画通りの期間・品質でソフトウェアを開発できるようにすることを目的として,ソフトウェアそのもの(プロダクト)だけではなく,その開発過程(プロセス)に着目して研究を行っています.

ソフトウェア開発マネージメント支援

近年,ソフトウェア開発は大規模化,複雑化の一途をたどっており,巨大なシステムの開発には数千人もの開発者,数十もの開発会社が関わることもあります.当研究グループでは,ソフトウェア開発プロジェクトの持つ複雑性を緩和し,プロジェクトの円滑な遂行を支援する技術の研究を進めています.

キーワード:ソフトウェアプロセス,プロセスモデリング,プロセス改善,CMM/CMMI,PReP,EPDG,ユーザビリティ,マイクロプロセス分析

Knowledge Feedback Cycle

ソフトウェア開発者は一つのプロジェクトで失敗をしてもそれに気付かず,同じ失敗を繰り返すことがあります. この原因としては,プロジェクトに含まれる失敗の要因となる情報(暗黙知)を認識していないことが原因だと考えられます.本研究グループでは,この暗黙知のエンピリカルデータから取り出し,および取り出した知識の開発者への還元に関する研究を行っています.

キーワード:プロジェクトレビュー,プロセスシミュレーション,KFC,可視化

コードクローン分析

コードクローンはソフトウェアのソースコード中に含まれる,類似または一致した部分のことを指します.コードクローンは一般的に,ソフトウェアの保守を行う弊害になるとされています.この研究グループでは,コードクローンの理解支援や評価に関して研究を行っています.

キーワード:コードクローン,ソフトウェア保守,ソフトウェアリポジトリ,データマイニング,可視化

リポジトリマイニング

ソフトウェアリポジトリとは,ソフトウェア開発に伴って開発情報を蓄積・管理するためのシステムです.本「リポジトリマイニング」グループでは,このソフトウェアリポジトリに眠る膨大なデータを用いてソフトウェア開発支援に有用なデータの抽出・提示を行う研究に取りくんでいます.

キーワード:ソフトウェアリポジトリ,データマイニング,可視化,保守プロセス,デザインパターン,コードクローン

広域分散システム(グリッド・クラウドコンピューティング)

地理的に離れた複数のコンピュータをネットワークで結合して構築するシステムを広域分散システムと呼びます. グリッドやクラウドコンピューティングの発達により,広域分散システムはますます注目を集めていますが,その構築はまだまだ困難を伴います. 本研究グループは広域分散システムの構築技術に関して研究開発を行います.

キーワード: グリッド,クラウド,仮想化,分散システム,P2P

プロジェクト一覧

プロジェクトの切り口から,研究を紹介します