奈良先端科学技術大学院大学 > 情報科学研究科 / 情報科学センター

プロジェクトリプレイヤ とは

プロジェクトリプレイヤは,KFCの上で分析者のモデル作成作業を支援する目的で作られたツールです.

プロジェクトリプレイヤ(クリックで拡大)

プロジェクトリプレイヤの機能

プロジェクトリプレイヤでは,EPMを利用して集められたデータを元に,プロジェクトを様々な表示形式で再現することができます.“ある時点“でのプロジェクトの状態をあたかも録画したビデオを再生するように提示する事で開発者のレビュー作業の効率化を計ります.

また,開発者の記憶にあるが,EPMで収集されたデータには無い情報をレビュー作業時に“追加情報”としてプロジェクトリプレイヤへ追加する事ができます.これにより,プロジェクト参加開発者以外の分析者(研究者等)がプロジェクトを分析する際に足りない情報を得る手段の一つとして,開発者と分析者の架け橋となることができます.

プロジェクトリプレイヤの公開について

プロジェクトリプレイヤは現在も日々改良が行われております.そのため,一般公開用のリリースは行っておりませんが,希望者にはバイナリを配布しております.プロジェクトリプレイヤの試用をご希望の方は__replayer__at__is.naist.jp_までEメールにてご連絡下さい.

関連発表

  1. Kimiharu Ohkura, Paul S Grisham, Hajimu Iida, and Dewayne E. Perry, ``Context Analysis of Historical Process Data with the Project Replayer,'' In Proceedings of Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE 2007), pp. 41-42, December 2007. (Nagoya, Japan)
  2. Kimiharu Ohkura, Shinji Kawaguchi, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, ``Email and Trouble Report Analysis for Revealing Context with the Project Replayer,'' In Proceedings of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), p. 569, December 2007.
  3. Kimiharu Ohkura, Keita Goto, Noriko Hanakawa, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, ``Project Replayer with Email Analysis -- Revealing Contexts in Software Development,'' In Proceedings of the 13th Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC06), pp. 453-460, December 2006.
  4. 大蔵 君治, 後藤 慶多, 川口 真司, 花川 典子, 飯田 元, ``ソフトウェア開発における知識還元のためのプロジェクト再現ツール,'' 満田 成紀, 羽生田 栄一(編), ソフトウェアエンジニアリング最前線2006, pp. 75-78, October 2006.
  5. Keita Goto, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, ``Project Replayer - an Investigation Tool to Revisit Processes of Past Projects,'' In Proceedings of International Software Process Workshop and International Workshop on Software Process Simulation and Modeling (SPW/ProSim 2006), pp. 72-79, May 2006.
  6. Keita Goto, Kimiharu Ohkura, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, ``The Project Replayer for Knowledge Feedback Cycle in Software Development,'' International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE 2005), Poster, November 2005.