Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

19 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 2, pages 144-150 2014年5月.
[2] 大蔵 君治, 飯田 元, "IZMI: 開発者と成果物の編集頻度に着目したソフトウェア開発リポジトリの可視化ツール," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 147-152 2011年8月.
国際会議
[1] Erina Makihara, "Pockets: a Tool to Support Exploratory Programming for Novices and Educators," In ESEC/FSE 2015 Proceedings of the 2015 10th Joint Meeting on Foundations of Software Engineering, pages 1066-1068 September 2015.
[2] Patanamon Thongtanunam, Xin Yang, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Kenji Fujiwara, and Hajimu Iida, "ReDA: a Web-Based Visualization Tool for Analyzing Modern Code Review Dataset," In Proceedings of the 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2014), pages 605-608 October 2014.
[3] Tetsuya Okumura, "Software-Tag Platform Tool for Visualizing Historical Data in Software Development," In Proceedings of the 2009 International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2009), pages 123-124 October 2009.
[4] Shinji Kawaguchi, Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, and Hajimu Iida, "Shinobi: a Tool for Automatic Code Clone Detection in the Ide," In Proceegins of the 16th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2009), pages 313-314 October 2009.
[5] Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "A Method to Investigate Software Evolutions Using Design Pattern Detection Tool," In Proceedings of 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07), pages 11-16 December 2007.
[6] Keita Goto, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, "Project Replayer - an Investigation Tool to Revisit Processes of Past Projects," In Proceedings of International Software Process Workshop and International Workshop on Software Process Simulation and Modeling (SPW/ProSim 2006), pages 72-79 May 2006.
国内会議(査読付き)
[1] 大蔵 君治, 飯田 元, "IZMI: 成果物の修正頻度に着目したソフトウェア開発履歴の可視化ツール," ソフトウェア工学の基礎XVII, pages 189-190 2010年11月.
研究会・全国大会等
[1] Kazuki Hara, Yasuhiro Watashiba, and Kohei Ichikawa, "Netspec: Software-Defined Network Behavior Test Tool," PRAGMA 28, Poster, April 2015.
[2] 齋藤 雄輔, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "Pull Request 駆動型の開発を支援するツールの検討," 電子情報通信学会技術報告, volume 114, number 416, pages 103-108 2015年1月.
[3] 藤原 雄介, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "版管理システムを用いた開発プロセスに適したコードクローン修正支援ツールの検討," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-182, number 30, pages 1-6 2013年10月.
[4] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, 2013年9月.
[5] 大蔵君治, 川口真司, 中道上, 飯田元, "ソフトウェア開発における協調支援のためのプロジェクト構造可視化ツール," 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2008), 2008年11月.
学位論文
[1] 原 一貴, "Netspec: OpenFlow Network のテストツール構築に関する研究," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科, 2016年.
[2] 藤原 雄介, "分散型版管理システムにおけるコードクローンの一貫した修正支援ツール," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2014年.
[3] 後藤 慶多, "ソフトウェア開発プロジェクト再現ツールプロジェクトリプレイヤの開発," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年.
テクニカルレポート
[1] 高井利憲, "構成管理ツールおよびその運用手順に関するリスク分析とアシュアランスケースの記述事例," number TR201201, 奈良先端科学技術大学院大学, 2012年6月.
[2] Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "SHINOBI: a Real-Time Code Clone Detection Tool for Software Maintenance," NAIST Information Science Technical Report, number NAIST-IS-TR2008005, Nara Institute of Science and Technology, March 2008.