Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

13 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


講演
[1] Norihiro Yoshida, "Active Support for Clone Refactoring," NII Shonan Meeting on Software Analytics: Principles and Practice, October 2013.
論文誌
[1] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "構文情報リポジトリを用いた細粒度リファクタリング検出手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 12, pages 2346-2357 2015年12月.
[2] 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平, "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 1, pages 47-59 2015年2月.
[3] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 3, pages 318-324 2014年9月.
国際会議
[1] Norihiro Yoshida, Tsubasa Saika, Eunjong Choi, Ali Ouni, and Katsuro Inoue, "Revisiting the Relationship between Code Smells and Refactoring," In Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2016), May 2016.
[2] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Assessing Refactoring Instances and the Maintainability Benefits of Them from Version Archives," In Proceedings of the 14th International Conference on Product-Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), pages 313-323 June 2013.
[3] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "An Approach to Investigating How a Lack of Software Refactoring Effects Defect Density," In IEICE Technical Report, volume 111, number 107, pages 59-62 June 2011.
国内会議(査読付き)
[1] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェアリポジトリを対象とした細粒度リファクタリング検出," 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 101-106 2013年11月.
研究会・全国大会等
[1] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-3_1-6 2013年9月.
[2] 藤原賢二, 吉田則裕, 飯田元, "構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 113, number 24, pages 19-24 2013年5月.
[3] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元 , "オープンソースソフトウェアを対象としたリファクタリングが欠陥混入に与える影響の調査," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
学位論文
[1] 藤原 賢二, "リファクタリングがソフトウェア品質に及ぼす影響の実証的評価に関する研究," 博士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2015年.
[2] 藤原 賢二, "リファクタリングの実施が欠陥混入に与える影響の調査を目的とした開発履歴分析," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2012年.