Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

3 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥発生傾向の調査," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 681-693 2016年2月.
国際会議
[1] Naoki Kawashima and Osamu Mizuno, "Predicting Fault-Prone Modules by Word Occurrence in Identifiers," In Proc. of 12th International Conference on Software Engineering Research, Management and Applications (SERA2014), Studies in Computational Intelligence , volume 578, pages 87-98 August 2014.
学位論文
[1] 中山 直輝, "コードクローンとの位置関係がコード片の欠陥発生傾向に与える影響の調査," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2015年.