Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

10 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


講演
[1] Norihiro Yoshida, "Detection of Chained Clone and Its Application," 9th CREST Open Workshop, November 2010.
論文誌
[1] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "構文情報リポジトリを用いた細粒度リファクタリング検出手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 12, pages 2346-2357 2015年12月.
[2] 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平, "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 1, pages 47-59 2015年2月.
国際会議
[1] Shinji Kawaguchi, Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, and Hajimu Iida, "Shinobi: a Tool for Automatic Code Clone Detection in the Ide," In Proceegins of the 16th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2009), pages 313-314 October 2009.
[2] Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "A Method to Investigate Software Evolutions Using Design Pattern Detection Tool," In Proceedings of 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07), pages 11-16 December 2007.
国内会議(査読付き)
[1] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェアリポジトリを対象とした細粒度リファクタリング検出," 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 101-106 2013年11月.
学位論文
[1] 吉岡 俊輔, "2段階のクラスタリングを用いたNear-Missコードクローンの検出," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2012年.
[2] 水野恵祐, "デザインパターン検出能力の向上を目的とした複数検出手法の併用," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2010年.
[3] 山科隆伸, "コードクローン自動検出によるソフトウェア保守作業支援環境," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2009年.
テクニカルレポート
[1] Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "SHINOBI: a Real-Time Code Clone Detection Tool for Software Maintenance," NAIST Information Science Technical Report, number NAIST-IS-TR2008005, Nara Institute of Science and Technology, March 2008.