Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

1 件の該当がありました. : このページのURL : HTML

田中, 吉田, 藤原, 崔, 飯田, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pp. 241-246 2016年8月.
ID 334
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査
表題 (英文)
著者名 (author) 田中 大樹,吉田 則裕,藤原 賢二,崔 恩瀞,飯田 元
英文著者名 (author) Daiki Tanaka,Norihiro Yoshida,Kenji Fujiwara,Eunjong Choi,Hajimu Iida
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Daiki Tanaka,Norihiro Yoshida,Kenji Fujiwara,Eunjong Choi,Hajimu Iida
書籍・会議録表題 (booktitle) ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages) 241-246
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 8
出版年 (year) 2016
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) リファクタリングとは,外部から見たときの振る舞いを保ちつつ,理解や修正が簡単になるように,ソフトウェアの内部構造を整理することである.メソッド抽出は,既存のメソッドの一部を新規メソッドとして抽出するリファクタリングパターンの一つであり,実施される回数が多いことも知られている.メソッド抽出リファクタリングを支援するためには,開発者がどのようなメソッドを抽出の対象としているかを調査する必要がある.過去,メソッド抽出対象となるメソッドの長さ,パラメータ数など,コード片のスナップショットから得られるメトリクスを用いた,メソッド抽出対象の調査が実施されており,それを利用した支援手法も提案されている.異なる側面からコード片の特徴を計測する方法として,メソッドの変更回数,変更に関わった開発者数などの開発履歴から得られるプロセスメトリクスがある.開発プロセスはソースコードの品質に影響を与えるものであり,品質の良し悪しはコード片をリファクタリングするか否かの判断材料になるため,プロセスメトリクスはリファクタリング対象の特徴を適切に表現できる可能性がある.本研究では,プロセスメトリクスを用いてメソッド抽出対象の特徴を適切に表現できるかを調査した.調査の結果,いくつかのプロセスメトリクスは,メソッド抽出対象となるメソッドと対象ではないメソッドの間で有意差が確認できた.
論文電子ファイル IPSJ-SES2016036.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id334,
         title = {プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査},
        author = {田中 大樹 and 吉田 則裕 and 藤原 賢二 and 崔 恩瀞 and 飯田 元},
     booktitle = {ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集},
         pages = {241-246},
         month = {8},
          year = {2016},
}