Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

1 件の該当がありました. : このページのURL : HTML

浦田大地, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告, 113(277), pp. 13-18 2013年11月.
ID 181
分類 研究会・全国大会等
タグ analysis design discussion file instances modification pattern records
表題 (title) ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討
表題 (英文) A Discussion on the Analysis of Design Pattern Instances Using File Modification Records
著者名 (author) 浦田大地,吉田則裕,藤原賢二,飯田元
英文著者名 (author) Daichi Urata,Norihiro Yoshida,Kenji Fujiwara,Hajimu Iida
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Daichi Urata,Norihiro Yoshida,Kenji Fujiwara,Hajimu Iida
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文) IEICE Technical Report
巻数 (volume) 113
号数 (number) 277
ページ範囲 (pages) 13-18
組織名 (organization)
出版元 (publisher) 電子情報通信学会
出版元 (英文) The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 11
出版年 (year) 2013
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) デザインパターンは設計上の問題に対する解決策を示すが,適用すべき対象やコンテキストが限られる.デザインパターンを適用した効果を評価する手段として,リポジトリマイニングに基づいて長期間の分析を行う方法が考えられるが,コミット単位より細かい粒度の編集を扱いづらい.本研究では,Mylyn を用いて収集したファイル編集履歴を利用して,長期間かつ細粒度の分析が可能な手法を検討する.
論文電子ファイル kbse_urata.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id181,
         title = {ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討},
        author = {浦田大地 and 吉田則裕 and 藤原賢二 and 飯田元},
     booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
        volume = {113},
        number = {277},
         pages = {13-18},
     publisher = {電子情報通信学会},
         month = {11},
          year = {2013},
}