Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

1 件の該当がありました. : このページのURL : HTML

浦田大地, 藤原雄介, 平山力地, 濵﨑一樹, 吉田則裕, 飯田元, "ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案," 電子情報通信学会技術報告, 113(24), pp. 55-60 2013年5月.
ID 176
分類 研究会・全国大会等
タグ assessment baseline deriving metric quality software third-party values
表題 (title) ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案
表題 (英文) Deriving Baseline Metric Values for Third-Party Assessment of Software Quality
著者名 (author) 浦田大地,藤原雄介,平山力地,濵﨑一樹,吉田則裕,飯田元
英文著者名 (author) Daichi Urata,Yusuke Fujihara,Rikichi Hirayama,Kazuki Hamasaki,Norihiro Yoshida,Hajimu Iida
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Daichi Urata,Yusuke Fujihara,Rikichi Hirayama,Kazuki Hamasaki,Norihiro Yoshida,Hajimu Iida
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術報告
書籍・会議録表題(英文) IEICE Technical Report
巻数 (volume) 113
号数 (number) 24
ページ範囲 (pages) 55-60
組織名 (organization)
出版元 (publisher) 電子情報通信学会
出版元 (英文) The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 5
出版年 (year) 2013
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ソフトウェア開発現場では,定量的指標による品質評価が行われている.この手段として,構成管理データなどから計測可能なメトリクスに対する基準値を用いた手法が知られている.一方で,基準値は経験的,慣習的に決定されるため,現場への導入時や第三者評価に用いる際の説得力に欠ける.そこで本研究では,ソースコードデータセットから計測したメトリクス値の分布に依る基準値の導出法を検討した.また,複数のOSS を対象に評価実験を行った結果,提案手法で導出したメトリクス基準値により低品質なメソッドを含むファイルを発見できた.
論文電子ファイル sigss_201305_emb.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id176,
         title = {ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案},
        author = {浦田大地 and 藤原雄介 and 平山力地 and 濵﨑一樹 and 吉田則裕 and 飯田元},
     booktitle = {電子情報通信学会技術報告},
        volume = {113},
        number = {24},
         pages = {55-60},
     publisher = {電子情報通信学会},
         month = {5},
          year = {2013},
}