Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

76 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


講演
[1] Norihiro Yoshida, "Active Support for Clone Refactoring," NII Shonan Meeting on Software Analytics: Principles and Practice, October 2013.
[2] Norihiro Yoshida, "Detection of Chained Clone and Its Application," 9th CREST Open Workshop, November 2010.
論文誌
[1] 藤原 賢二, 上村 恭平, 井垣 宏, 吉田 則裕, 伏田 享平, 玉田 春昭, 楠本 真二, 飯田 元, "スナップショットを用いたプログラミング演習における行き詰まり箇所の特定," コンピュータソフトウェア, 採録済.
[2] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "プログラミング演習における探索的プログラミング行動の自動検出手法の提案," 日本ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア, 採録済.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 川島 尚己, 飯田 元, "ソフトウェア開発PBLにおけるビルドエラーの調査," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 4, 2017年4月.
[4] Xin Yang, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, and Hajimu Iida, "Peer Review Social Network (PeRSoN) in Open Source Projects," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E99-D, number 3, pages 661-670 March 2016.
[5] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥発生傾向の調査," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 681-693 2016年2月.
[6] 槇原 絵里奈, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "初学者向けプログラミング演習のための探索的プログラミング支援環境Pocketsの提案," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 1, pages 236-247 2016年1月.
[7] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "構文情報リポジトリを用いた細粒度リファクタリング検出手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 12, pages 2346-2357 2015年12月.
[8] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 627-636 2015年2月.
[9] 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平, "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 1, pages 47-59 2015年2月.
[10] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 3, pages 318-324 2014年9月.
[11] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 2, pages 144-150 2014年5月.
[12] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Micro Process Analysis of Maintenance Effort: an Oss Case Study Using Metrics Based on Program Slicing," Journal of Software: Evolution and Process, volume 25, number 9, pages 935-955 September 2013.
[13] Patanamon THONGTANUNAM, Raula G. KULA, Ana E. C. CRUZ, Norihiro YOSHIDA, Kohei ICHIKAWA, and Hajimu IIDA, "Mining History of Gamification Towards Finding Expertise in Question and Answering Communities: Experience and Practice with Stack Exchange," The Review of Socionetwork Strategies, volume 7, number 2, pages 115--130 2013.
[14] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用した シームレスなソースコード再利用手法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 644-652 2012年2月.
[15] 肥後 芳樹, 吉田 則裕, "コードクローンを対象としたリファクタリング," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 4, pages 43-56 2011年11月.
[16] 神谷 年洋, 肥後 芳樹, 吉田 則裕, "コードクローン検出技術の展開," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 29-42 2011年8月.
国際会議
[1] Xin Yang, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Mining the Modern Code Review Repositories: a Dataset of People, Process and Product," In the 13th International Conference on Mining Software Repositories (MSR 2016), pages 460-463 May 2016.
[2] Erina Makihara, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Kenji Fujiwara, and Hajimu Iida, "Detecting Exploratory Programming Behaviors for Introductory Programming Exercises," In In Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension(ICPC2016), May 2016.
[3] Norihiro Yoshida, Tsubasa Saika, Eunjong Choi, Ali Ouni, and Katsuro Inoue, "Revisiting the Relationship between Code Smells and Refactoring," In Proceedings of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2016), May 2016.
[4] Yusuke Saito, Kenji Fujiwara, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "How Do Github Users Feel with Pull-Based Development?," In Proceedings of 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2016), pages 7-11 March 2016.
[5] Patanamon Thongtanunam, Chakkrit Tantithamthavorn, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, Hajimu Iida, and Ken-ichi Matsumoto, "Who Should Review My Code? a File Location-Based Code-Reviewer Recommendation Approach for Modern Code Review," In the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER), 2015.
[6] Patanamon Thongtanunam, Xin Yang, Norihiro Yoshida, Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Kenji Fujiwara, and Hajimu Iida, "ReDA: a Web-Based Visualization Tool for Analyzing Modern Code Review Dataset," In Proceedings of the 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2014), pages 605-608 October 2014.
[7] Patanamon Thongtanunam, Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, , and Hajimu Iida, "Improving Code Review Effectiveness Through Reviewer Recommendations," In 7th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2014) , pages 119-122 2014.
[8] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Seamless Code Reuse Using Source Code Corpus," In Proceedings of 20th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2013), volume 2, pages 31-36 December 2013.
[9] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Assessing Refactoring Instances and the Maintainability Benefits of Them from Version Archives," In Proceedings of the 14th International Conference on Product-Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), pages 313-323 June 2013.
[10] Kazuki Hamasaki, Raula Gaikovina Kula, Norihiro Yoshida, A. E. Camargo Cruz, Kenji Fujiwara, and Hajimu Iida, "Who Does What During a Code Review? Datasets of OSS Peer Review Repositories," In Proceedings of the 10th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR 2013), pages 49-52 May 2013.
[11] Xin Yang, Raula Gaikovina Kula, Ana Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Kazuki Hamasaki, Kenji Fujiwara, and Hajimu Iida, "Understanding Oss Peer Review Roles in Peer Review Social Network (PeRSoN)," In Proceedings of the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2012), pages 709-712 December 2012.
[12] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Experimental Study of Quantitative Analysis of Maintenance Effort Using Program Slicing-Based Metrics," In Proceedings of International Workshop on Software Quality and Management, pages 50-57 December 2012.
[13] Raula Gaikovina Kula, Ana Erika Camargo Cruz, Norihiro Yoshida, Kazuki Hamasaki, Kenji Fujiwara, Xin Yang, and Hajimu Iida, "Using Profiling Metrics to Categorise Peer Review Types in the Android Project," In IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2012), pages 146-151 November 2012.
[14] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, and Norihiro Yoshida, "Why Novice Programmers Fall into a Pitfall?: Coding Pattern Analysis in Programming Exercise," In the 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2012), pages 46-51 October 2012.
[15] Norihiro Yoshida, Masataka Kinoshita, and Hajimu Iida, "A Cohesion Metric Approach to Dividing Source Code into Functional Segments to Improve Maintainability," In Proceedings of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR 2012), pages 365-370 March 2012.
[16] Shunsuke Yoshioka, Norihiro Yoshida, Kyohei Fushida, and Hajimu Iida, "Scalable Detection of Semantic Clones Based on Two-Stage Clustering," International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2011), November 2011.
[17] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "An Approach to Investigating How a Lack of Software Refactoring Effects Defect Density," In IEICE Technical Report, volume 111, number 107, pages 59-62 June 2011.
[18] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Using Program Slicing Metrics for the Analysis of Code Change Processes," In Proceedings of 2010 International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2010), pages 53-58 December 2010.
[19] Masaki Obana, Noriko Hanakawa, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Process Fragment Based Process Complexity with Workflow Management Tables," In Proceedings of 2010 International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2010), pages 7-12 December 2010.
国内会議(査読付き)
[1] 上村恭平,吉田則裕, 崔恩瀞,飯田元,曲生国,秋庭真一, " ソースコードの削減可能量計測ツールの開発," 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, pages 103-108 2016年12月.
[2] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥混入傾向の調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015論文集, pages 28-37 2015年9月.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 藤原 賢二, 上村 恭平, 吉田 則裕, 飯田 元, "初学者向けプログラミング演習における探索的プログラミングの実態調査と支援手法の提案," 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2014), pages 123-128 2014年12月.
[4] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 170-175 2014年9月.
[5] Xin Yang, Norihiro Yoshida, Kenji Fujiwara, Yong Jin, and Hajimu Iida, "Categorizing Code Review Result with Social Networks Analysis: a Case Study on Three Oss Projects," In ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 200-201 September 2014.
[6] 戸田 航史, 濱崎 一樹, 亀井 靖高, 吉田 則裕, "Chromium Projectにおけるレビュアーと開発者の関係がレビュー効率に与える影響の分析," 日本ソフトウェア科学会 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 59-64 2013年11月.
[7] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェアリポジトリを対象とした細粒度リファクタリング検出," 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 101-106 2013年11月.
[8] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用手法," ソフトウェアエンジニアシンポジウム 2011, 2011年9月.
研究会・全国大会等
[1] 田中大樹, 崔恩瀞, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の調査と予測モデルの構築," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, SS2016-73, pages 79-84 2017年3月.
[2] 田中 大樹, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 飯田 元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pages 241-246 2016年8月.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元 , "探索的プログラミング行動の自動検出によるモデル化の検討," 情報処理学会研究報告, volume 2016-SE-191, number 16, 1 - 8 2016年3月.
[4] 川島 尚己, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェア開発実習におけるビルドログを対象とした初学者の特徴的な振る舞いの調査," 電子情報通信学会技術報告, volume 115, number 248, pages 29-34 2015年10月.
[5] 齋藤 雄輔, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "Pull Request 駆動型の開発を支援するツールの検討," 電子情報通信学会技術報告, volume 114, number 416, pages 103-108 2015年1月.
[6] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "開発履歴分析を用いたコードクローン内外における欠陥発生率の調査," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-186, number 2, pages 1-8 2014年11月.
[7] 槇原 絵里奈, 藤原 賢二, Putchong Uthayopas, Chantana Chantrapornchai, Jittat Fakcharoenphol, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "日本とタイにおけるプログラミング初学者のプログラミング行動の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 260, pages 47-52 2014年10月.
[8] 丸山 勝久, 沢田 篤史, 小林 隆志, 大森 隆行, 林 晋平, 飯田 元, 吉田 則裕, 角田 雅照, 岩政 幹人, 今井 健男, 遠藤 侑介, 村田 由香里, 位野木 万里, 白石 崇, 長岡 武志, 林 千博, 吉村 健太郎, 大島 敬志, 三部 良太, 福地 豊, "産学連携によるソフトウェア進化パターン収集の試み," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-184/2014-EMB-33, number 1, pages 1-8 2014年5月.
[9] 浦田大地, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 277, pages 13-18 2013年11月.
[10] 藤原 雄介, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "版管理システムを用いた開発プロセスに適したコードクローン修正支援ツールの検討," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-182, number 30, pages 1-6 2013年10月.
[11] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, 2013年9月.
[12] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-3_1-6 2013年9月.
[13] 伏田 享平, 吉田 則裕, 井垣 宏, 大平 雅雄, "第35回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2013)参加報告," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[14] 藤原賢二, 吉田則裕, 飯田元, "構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 113, number 24, pages 19-24 2013年5月.
[15] 浦田大地, 藤原雄介, 平山力地, 濵﨑一樹, 吉田則裕, 飯田元, "ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案," 電子情報通信学会技術報告, volume 113, number 24, pages 55-60 2013年5月.
[16] Patanamon THONGTANUNAM, Ana ERIKA CAMARGO CRUZ, Norihiro YOSHIDA, and Hajimu IIDA, "Reviewer Recommendation for Peer Review Based on File Path Similarity: a Case Study of the Android Open Source Project," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 277, pages 25--29 2013.
[17] 山田 悠太, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "トピック抽出に基づく開発者の活動に着目したリポジトリ可視化手法," 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告, volume 2012-SE-178, number 16, 2012年11月.
[18] 平山力地, 吉田則裕, 飯田元, "スライスに基づく凝集度を用いて自動分割を行うプログラム理解支援手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 112, number 164, pages 127-132 2012年7月.
[19] 濵﨑一樹, 藤原 賢二, 吉田 則裕, Raula Gaikovina Kula, 伏田 享平, 飯田 元, "Android Open Source Projectを対象としたパッチレビュー活動の調査," 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告, volume 2012-SE-176, number 12, 2012年5月.
[20] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[21] 吉岡 俊輔, 吉田 則裕, 伏田 享平, 飯田 元, "近傍ハッシュ法を用いた2段階のクラスタリングに基づくNear-missクローンの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 37-42 2012年3月.
[22] 吉田 則裕, 木下 正喬, 飯田 元, "プログラム理解のための凝集度に基づく機能候補抽出," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
[23] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元 , "オープンソースソフトウェアを対象としたリファクタリングが欠陥混入に与える影響の調査," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
[24] 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元, "凝集度によるコード片の機能別分類手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 110, number 336, pages 79-84 2010年12月.
[25] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用支援," 電子情報通信学会技術報告, volume 110, number 336, pages 55-60 2010年12月.
[26] 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソースコード解析に基づいた機能群の推定とその分類手法の提案," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
[27] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソースコード履歴情報に基づくリファクタリングと欠陥の関係分析," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
受賞
[1] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "最優秀論文賞," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, 2015年.
[2] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Best Paper Award," 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice , December 2013.
[3] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, and Norihiro Yoshida, "Best Student Paper Award," 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, October 2012.
[4] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2011 優秀論文賞," 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2011年9月.