Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

60 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


講演
[1] 飯田 元, 伏田 享平, "StagEツール群によるプロジェクトデータの収集と可視化," ソフトウェアプロセスエンジニアリングシンポジウム2011(SPES2011), 2011年7月.
[2] 松本 健一, 角田 雅照, 伏田 享平, "「事故前提社会」への対応力を高める,ユーザ・ベンダ間での情報共有技術 ~ソフトウェアタグ,タグ利用シナリオ,ツール~," , 2009年7月.
論文誌
[1] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Micro Process Analysis of Maintenance Effort: an Oss Case Study Using Metrics Based on Program Slicing," Journal of Software: Evolution and Process, volume 25, number 9, pages 935-955 September 2013.
[2] 伏田 享平, 飯田 元, "ソフトウェアプロセスのモデリングとそれに基づく管理手法," コンピュータソフトウェア, volume 29, number 1, pages 61-74 2012年2月.
[3] 角田 雅照, 伏田 享平, 亀井 靖高, 中村 匡秀, 三井 康平, 後藤 慶多, 松本 健一, "時空間情報と動作に基づく認証方法," 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), volume 23, number 6, pages 874-881 2011年12月.
[4] 伏田 享平, 米光 哲哉, 福地 豊, 川口 真司, 飯田 元, "定量的管理指標の利用実態調査 ―― あるソフトウェア開発組織を対象として," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 5, 1257–1272 2010年5月.
[5] 伏田 享平, 高田 純, 米光 哲哉, 福地 豊, 川口 真司, 飯田 元, "AQUAMarine: 定量的管理計画立案システム," SEC journal, volume 5, number 4, pages 244-251 2009年9月.
国際会議
[1] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Assessing Refactoring Instances and the Maintainability Benefits of Them from Version Archives," In Proceedings of the 14th International Conference on Product-Focused Software Development and Process Improvement (PROFES 2013), pages 313-323 June 2013.
[2] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Experimental Study of Quantitative Analysis of Maintenance Effort Using Program Slicing-Based Metrics," In Proceedings of International Workshop on Software Quality and Management, pages 50-57 December 2012.
[3] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, and Norihiro Yoshida, "Why Novice Programmers Fall into a Pitfall?: Coding Pattern Analysis in Programming Exercise," In the 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2012), pages 46-51 October 2012.
[4] Shunsuke Yoshioka, Norihiro Yoshida, Kyohei Fushida, and Hajimu Iida, "Scalable Detection of Semantic Clones Based on Two-Stage Clustering," International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2011), November 2011.
[5] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "An Approach to Investigating How a Lack of Software Refactoring Effects Defect Density," In IEICE Technical Report, volume 111, number 107, pages 59-62 June 2011.
[6] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Norihiro Yoshida, and Hajimu Iida, "Using Program Slicing Metrics for the Analysis of Code Change Processes," In Proceedings of 2010 International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2010), pages 53-58 December 2010.
[7] Raula Gaikovina Kula, Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "Analysis of Bug Fixing Processes Using Program Slicing Metrics," Proceedings of the 11th Product-Focused Software Process Improvement(PROFES 2010), volume LNCS 6156, pages 032-046 June 2010.
[8] Yoshihiko Fukushima, Raula Kula, Shinji Kawaguchi, Kyohei Fushida, Masataka Nagura, and Hajimu Iida, "Code Clone Graph Metrics for Detecting Diffused Code Clones," In Proceedings of the 16th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2009), pages 373-380 December 2009.
[9] Shinji Kawaguchi, Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, and Hajimu Iida, "Shinobi: a Tool for Automatic Code Clone Detection in the Ide," In Proceegins of the 16th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2009), pages 313-314 October 2009.
[10] Kyohei Fushida, Jun Takata, Tetsuya Yonemitsu, Yutaka Fukuchi, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "A Framework and System for Planning and Tailoring Software Development Processes with Quantitative Management," In Proceedings of the 4th International Conference on Project Management (ProMAC 2008), pages 286-294 September 2008.
[11] Kyohei Fushida, Jun Takata, Masataka Nagura, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "VSOP Framework: a Framework for Validating Suppliers' Processes," In Proceedings of the 9th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2008) (Short Paper Session), pages 9-12 June 2008.
[12] Masateru Tsunoda, Kohei Mitsui, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masahide Nakamura, Keita Goto, and Ken'ichi Matsumoto, "An Authentication Method Combining Spatiotemporal Information and Actions," In Proceedings of the 4th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2008), pages 41-49 June 2008.
[13] Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "A Method to Investigate Software Evolutions Using Design Pattern Detection Tool," In Proceedings of 1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07), pages 11-16 December 2007.
[14] Shuji Morisaki, Tomoko Matsumura, Kimiharu Ohkura, Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "Fine-Grained Software Process Analysis to Ongoing Distributed Software Development," In Proceedings of 1st Workshop on Measurement-based Cockpits for Distributed Software and Systems Engineering Projects (SOFTPIT 2007), pages 26-30 August 2007.
[15] Kazumasa Hikichi, Tetsuya Yonemitsu, Yutaka Fukuchi, Kyohei Fushida, and Hajimu Iida, "An Assistance Method of Incorporating Quantitative Management Indicator into Software Development Process," In Proceedings of 3rd International Conference on Project Management(ProMAC2006), September 2006.
[16] Kazumasa Hikichi, Kyohei Fushida, Hajimu Iida, and Ken-ichi Matsumoto, "A Software Process Tailoring System Focusing to Quantitative Management Plans," In Proceedings of 7th International Conference on Product Focused Software Process Improvement(Profes2006), pages 441-446 June 2006.
国内会議(査読付き)
[1] 藤原 賢二, 上村 恭平, 井垣 宏, 伏田 享平, 玉田 春昭, 楠本 真二,飯田 元, "スナップショットを用いたプログラミング演習における行き詰まり箇所の特定 ," 第3回実践的IT教育シンポジウム 論文集, pages 17-26 2017年1月.
[2] 伏田享平, "開発プロセスの並列性に着目した分析の試み," 飯島 正(編), ウィンターワークショップ 2011・イン・修善寺 論文集, pages 99-100 2011年1月.
[3] 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "プロセスメトリクスを用いた開発プロセス評価手法の確立に向けて," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009 ワークショップ「ソフトウェア開発マネジメントのための測定と分析」, 2009年9月.
[4] 福島 義彦, 川口 真司, 伏田 享平, 名倉 正剛, 飯田 元, "コードクローンが存在するファイルに基づくコードクローン可視化手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009, pages 105-110 2009年9月.
[5] 伏田 享平, 名倉 正剛, 川口 真司, 飯田 元, "適用履歴に着目したデザインパターンメトリクスの提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008 ワークショップ論文集, pages 29-30 2008年9月.
[6] 高田 純, 伏田 享平, "定量的管理の実施を支援するシステムの提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008 ワークショップ論文集, pages 17-18 2008年9月.
[7] 伏田 享平, "企業間の請負開発プロセス検証を目的とした枠組みの提案," 阿萬 裕久(編), ウインターワークショップ2008・イン・道後 論文集, pages 107-108 2008年1月.
[8] 伏田享平, 亀井靖高, 川口真司, 飯田元, "定量的測定データの体系化に基づいた開発プロセステーラリング方式の提案," 満田 成紀, 羽生田 栄一(編), ソフトウェアエンジニアリング最前線2006, pages 51-58 2006年10月.
研究会・全国大会等
[1] 伏田 享平, 吉田 則裕, 井垣 宏, 大平 雅雄, "第35回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2013)参加報告," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[2] 濵﨑一樹, 藤原 賢二, 吉田 則裕, Raula Gaikovina Kula, 伏田 享平, 飯田 元, "Android Open Source Projectを対象としたパッチレビュー活動の調査," 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告, volume 2012-SE-176, number 12, 2012年5月.
[3] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[4] 吉岡 俊輔, 吉田 則裕, 伏田 享平, 飯田 元, "近傍ハッシュ法を用いた2段階のクラスタリングに基づくNear-missクローンの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 37-42 2012年3月.
[5] 伏田 享平, 角田 雅照, "開発マネジメントの実践とその課題ー「ソフトウェア開発マネジメント」セッション紹介," 丸山 勝久(編), ウインターワークショップ2012・イン・琵琶湖 論文集, pages 31-34 2012年1月.
[6] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元 , "オープンソースソフトウェアを対象としたリファクタリングが欠陥混入に与える影響の調査," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
[7] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソースコード履歴情報に基づくリファクタリングと欠陥の関係分析," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
[8] 西田皓司, 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "コードクローンに対する変更の一貫性と 欠陥発生との関連性に関する分析," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 67-72 2010年3月.
[9] 角田 雅照, 伏田 享平, 三井 康平, 亀井 靖高, 中村 匡秀, 後藤 慶多, 松本 健一, "時空間情報と動作を組み合わせた認証方法," 情報処理学会研究報告, 数理モデル化と問題解決研究会, volume 2010-MPS-77, number 27, pages 1-6 2010年3月.
[10] 片山 真一, 大蔵 君治, 伏田 享平, 川口 真司, 名倉 正剛, 門田 暁人, 飯田 元, "ソフトウェアタグを用いた設計文書メトリクスからの," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 343, pages 067-072 2009年12月.
[11] 奥村 哲也, 大蔵 君治, 伏田 享平, 川口 真司, 名倉 正剛, 飯田 元, "ソフトウェアタグの運用を支援する開発履歴可視化ツール," 情報処理学会第166回ソフトウェア工学研究会, 情報処理学会研究報告, volume 2009-SE-166, number 8, pages 1-8 2009年10月.
[12] 水野 恵祐, 伏田 享平, 川口 真司, 飯田 元, "複数手法の併用によるデザインパターン検出結果の改善," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 196, pages 39-44 2009年9月.
[13] 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "バグ管理システムのログを利用した保守プロセス評価メトリクス," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 170, pages 89-94 2009年8月.
[14] 伏田享平, 大前勇輝, 名倉正剛, 川口真司, 大蔵君治, 飯田元, "バグ管理システムを対象としたアジャイルソフトウェア開発における保守プロセスの観察," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 362, pages 1-6 2008年12月.
[15] 伏田 享平, 大前 勇輝, 名倉 正剛, 川口 真司, 大蔵 君治, 飯田 元, "バグ管理システムを対象としたアジャイルソフトウェア開発における保守プロセスの観察," 電子情報通信学会技術報告, 2008年12月.
[16] 石田響子, 伏田享平, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "「非障害案件」の発見を目的としたバグ票の観察," 情報処理学会第161回ソフトウェア工学研究会, 情報処理学会研究報告, volume 2008-SE-161, pages 1-8 2008年9月.
[17] 山科隆伸, 上野秀剛, 伏田享平, 亀井靖高, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "コードクローンに着目したソフトウェア保守支援ツールの設計と実装," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 64, pages 65-70 2008年5月.
[18] 高田純, 伏田享平, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "ソフトウェア開発プロセスにおける定量的管理計画の立案・共有支援システム," 情報処理学会第70回全国大会, volume 5, pages 413-414 2008年3月.
[19] 山科隆伸, 上野秀剛, 伏田享平, 亀井靖高, 名倉正剛, 川口真司, 飯田元, "レガシーソフトウェア保守プロセスにおける開発者によるコードクローン認識についての観察," 情報処理学会第70回全国大会, volume 5, pages 411-412 2008年3月.
[20] 高田純, 伏田享平, 米光哲哉, 福地豊, 川口真司, 飯田元, "定量的管理計画支援環境のための WBS オーサリングツール群の開発," 日本ソフトウェア科学会第24回大会論文集CD-ROM(講演番号7B-3), 2007年9月.
[21] 森崎修司, 松村知子, 大蔵君治, 伏田享平, 川口真司.飯田元, "エンピリカルデータを対象としたマイクロプロセス分析," 情報処理学会研究報告, volume 2006, number 125, pages 9-15 2006年11月.
[22] 角田雅照, 伏田享平, 三井康平, 亀井靖高, 後藤慶多, 中村匡秀, 松本健一, "位置と速度を利用した移動体向け認証方式の提案," 電子情報通信学会技術報告, モバイルマルチメディア通信研究会, volume MoMuC2006-55, pages 11-16 2006年11月.
[23] 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "定量的管理を取り入れたソフトウェア開発計画立案支援システムの提案," ソフトウェア信頼性研究会 第3回ワークショップ(FORCE 2006), pages 27-36 2006年7月.
学位論文
[1] 伏田享平, "ソフトウェア開発における定量的プロセス管理の実施支援に関する研究," 博士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2010年.
[2] 伏田享平, "定量的管理を取り入れた開発プロセスのテーラリング方式," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年.
テクニカルレポート
[1] 高田純, 伏田享平, 川口真司, 飯田元, "定量的管理計画の立案を支援するシステムの開発," NAIST Information Science Technical Report, number NAIST-IS-TR2008008, Nara Institute of Science and Technology, 2008年11月.
[2] Takanobu Yamashina, Hidetake Uwano, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masataka Nagura, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "SHINOBI: a Real-Time Code Clone Detection Tool for Software Maintenance," NAIST Information Science Technical Report, number NAIST-IS-TR2008005, Nara Institute of Science and Technology, March 2008.
受賞
[1] 藤原 賢二, 上村 恭平, 井垣 宏, 伏田 享平, 玉田 春昭, 楠本 真二,飯田 元, "最優秀論文賞," 第3回 実践的IT教育シンポジウム , 2017年1月.
[2] Kenji Fujiwara, Kyohei Fushida, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, and Norihiro Yoshida, "Best Student Paper Award," 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, October 2012.