Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

26 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 大蔵 君治, 飯田 元, "IZMI: 開発者と成果物の編集頻度に着目したソフトウェア開発リポジトリの可視化ツール," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 147-152 2011年8月.
[2] 大蔵 君治, 川口 真司, 飯田 元, "Eメールアーカイブのクラスタリングによる開発コンテキストの可視化," SEC journal, number 22, 2010年10月.
国際会議
[1] Kimiharu Ohkura, Shinji Kawaguchi, Noboru Nakamichi, and Hajimu Iida, "A Framework for Visualizing Software Development Project by Layered Mapping," In Proceedings of 2nd Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE 2008), pages 15-16 December 2008.
[2] Kimiharu Ohkura, Yoji Onishi, Shinji Kawaguchi, Masao Ohira, Hajimu Iida, and Ken'ichi Matsumoto, "A Method for Measuring Oss Projects' Activity Based on Cluster Analysis of Email Threads," In Proceedings of The 4th International Conference on Open Source Systems (OSS2008), September 2008.
[3] Kimiharu Ohkura, Paul S Grisham, Hajimu Iida, and Dewayne E. Perry, "Context Analysis of Historical Process Data with the Project Replayer," In Proceedings of Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE 2007), pages 41-42 December 2007.
[4] Kimiharu Ohkura, Shinji Kawaguchi, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, "Email and Trouble Report Analysis for Revealing Context with the Project Replayer," In Proceedings of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), page 569 December 2007.
[5] Shuji Morisaki, Tomoko Matsumura, Kimiharu Ohkura, Kyohei Fushida, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "Fine-Grained Software Process Analysis to Ongoing Distributed Software Development," In Proceedings of 1st Workshop on Measurement-based Cockpits for Distributed Software and Systems Engineering Projects (SOFTPIT 2007), pages 26-30 August 2007.
[6] Kimiharu Ohkura, Keita Goto, Noriko Hanakawa, Shinji Kawaguchi, and Hajimu Iida, "Project Replayer with Email Analysis -- Revealing Contexts in Software Development," In Proceedings of the 13th Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC06), pages 453-460 December 2006.
[7] Keita Goto, Kimiharu Ohkura, Noriko Hanakawa, and Hajimu Iida, "The Project Replayer for Knowledge Feedback Cycle in Software Development," In Proceedings of International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE 2005), November 2005.
国内会議(査読付き)
[1] 大蔵 君治, 飯田 元, "IZMI: 成果物の修正頻度に着目したソフトウェア開発履歴の可視化ツール," ソフトウェア工学の基礎XVII, pages 189-190 2010年11月.
[2] 大蔵 君治, 井垣 宏, "タスク管理システムと連動するソフトウェア開発データ計測システムの提案," ウインターワークショップ2009・イン・宮崎論文集, pages 13-14 2009年1月.
[3] 大蔵君治, 中道上, 飯田元, "成果物に基づいたソフトウェア開発プロジェクトの階層的な可視化フレームワーク," 松下 誠, 川口 真司(編), ソフトウェア工学の基礎XV, pages 57-62 2008年11月.
[4] 大蔵君治, 川口真司, 中道上, 飯田元, "ソフトウェア開発プロジェクトの進捗状況を可視化するためのフレームワーク," 飯田 元, 山本 里枝子(編), ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 193-194 2008年9月.
[5] 大蔵君治, 川口真司, 中道上, 飯田元, "階層構造と時間軸によるソフトウェア開発プロジェクトの可視化," インタラクション2008ディジタル予稿集, 2008年3月.
[6] 大蔵君治, 後藤慶多, 川口真司, 花川典子, 飯田元, "ソフトウェア開発における知識還元のためのプロジェクト再現ツール," 満田 成紀, 羽生田 栄一(編), ソフトウェアエンジニアリング最前線2006, pages 75-78 2006年10月.
研究会・全国大会等
[1] 片山 真一, 大蔵 君治, 伏田 享平, 川口 真司, 名倉 正剛, 門田 暁人, 飯田 元, "ソフトウェアタグを用いた設計文書メトリクスからの," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 343, pages 067-072 2009年12月.
[2] 奥村 哲也, 大蔵 君治, 伏田 享平, 川口 真司, 名倉 正剛, 飯田 元, "ソフトウェアタグの運用を支援する開発履歴可視化ツール," 情報処理学会第166回ソフトウェア工学研究会, 情報処理学会研究報告, volume 2009-SE-166, number 8, pages 1-8 2009年10月.
[3] 伏田享平, 大前勇輝, 名倉正剛, 川口真司, 大蔵君治, 飯田元, "バグ管理システムを対象としたアジャイルソフトウェア開発における保守プロセスの観察," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 362, pages 1-6 2008年12月.
[4] 伏田 享平, 大前 勇輝, 名倉 正剛, 川口 真司, 大蔵 君治, 飯田 元, "バグ管理システムを対象としたアジャイルソフトウェア開発における保守プロセスの観察," 電子情報通信学会技術報告, 2008年12月.
[5] 大蔵君治, 川口真司, 中道上, 飯田元, "ソフトウェア開発における協調支援のためのプロジェクト構造可視化ツール," 第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2008), 2008年11月.
[6] 大蔵君治, 大西洋司, 川口真司, 大平雅雄, 飯田元, 松本健一, "メールスレッドのクラスター分析によるOSSプロジェクトのアクティビティ予測手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 275, pages 41-46 2007年10月.
[7] 森崎修司, 松村知子, 大蔵君治, 伏田享平, 川口真司.飯田元, "エンピリカルデータを対象としたマイクロプロセス分析," 情報処理学会研究報告, volume 2006, number 125, pages 9-15 2006年11月.
学位論文
[1] 大蔵君治, "開発履歴を用いたソフトウェア開発プロジェクトの可視化," 博士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2010年.
[2] 大蔵君治, "Eメールアーカイブのクラスタリングによるソフトウェア開発コンテキストの可視化手法," 修士学位論文, 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年.
受賞
[1] 大蔵 君治, 川口 真司, 飯田 元, "「SEC journal」論文賞 優秀賞," , 2011年10月.
[2] 大蔵君治, "IEEE 関西支部 第5回学生研究奨励賞," , 2009年2月.