Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

11 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 627-636 2015年2月.
[2] 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平, "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 1, pages 47-59 2015年2月.
[3] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 3, pages 318-324 2014年9月.
国内会議(査読付き)
[1] 上村恭平,吉田則裕, 崔恩瀞,飯田元,曲生国,秋庭真一, " ソースコードの削減可能量計測ツールの開発," 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, pages 103-108 2016年12月.
[2] 上村 恭平, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 飯田 元, "ハードウェア記述言語におけるコードクローンの調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, 78-85 2016年8月.
[3] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 170-175 2014年9月.
研究会・全国大会等
[1] 山田 悠貴,崔 恩瀞,吉田 則裕,飯田 元, "凝集度を用いたメソッドのインライン化の支援手法," volume 2016-SE-191, number Vol. 2017-SE-197, No. 4, 情報処理学会研究報告, 2017年11月.
[2] 山田 悠貴,崔 恩瀞,吉田 則裕,飯田 元, "凝集度を用いたメソッドのインライン化の支援手法," 情報処理学会研究報告, 2017年11月.
[3] 田中大樹, 崔恩瀞, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の調査と予測モデルの構築," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, SS2016-73, pages 79-84 2017年3月.
[4] 田中 大樹, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 飯田 元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pages 241-246 2016年8月.
[5] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-3_1-6 2013年9月.