Search: 簡易 | 詳細 || Language: 英語 | 日本語 || Login: ログイン | Help: ヘルプ |

49 件の該当がありました. : このページのURL : HTML


論文誌
[1] 藤原 賢二, 上村 恭平, 井垣 宏, 吉田 則裕, 伏田 享平, 玉田 春昭, 楠本 真二, 飯田 元, "スナップショットを用いたプログラミング演習における行き詰まり箇所の特定," コンピュータソフトウェア, 採録済.
[2] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "プログラミング演習における探索的プログラミング行動の自動検出手法の提案," 日本ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア, 採録済.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 川島 尚己, 飯田 元, "ソフトウェア開発PBLにおけるビルドエラーの調査," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 4, 2017年4月.
[4] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥発生傾向の調査," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 2, pages 681-693 2016年2月.
[5] 槇原 絵里奈, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "初学者向けプログラミング演習のための探索的プログラミング支援環境Pocketsの提案," 情報処理学会論文誌, volume 57, number 1, pages 236-247 2016年1月.
[6] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "構文情報リポジトリを用いた細粒度リファクタリング検出手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 12, pages 2346-2357 2015年12月.
[7] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 627-636 2015年2月.
[8] 崔 恩瀞, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 林 晋平, "変更履歴解析に基づくリファクタリング検出技術の調査," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 1, pages 47-59 2015年2月.
[9] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 3, pages 318-324 2014年9月.
[10] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 2, pages 144-150 2014年5月.
[11] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用した シームレスなソースコード再利用手法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 644-652 2012年2月.
[12] 肥後 芳樹, 吉田 則裕, "コードクローンを対象としたリファクタリング," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 4, pages 43-56 2011年11月.
[13] 神谷 年洋, 肥後 芳樹, 吉田 則裕, "コードクローン検出技術の展開," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 29-42 2011年8月.
国内会議(査読付き)
[1] 上村恭平,吉田則裕, 崔恩瀞,飯田元,曲生国,秋庭真一, " ソースコードの削減可能量計測ツールの開発," 第23回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ, pages 103-108 2016年12月.
[2] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "コードクローンとの位置関係に基づく欠陥混入傾向の調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015論文集, pages 28-37 2015年9月.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 藤原 賢二, 上村 恭平, 吉田 則裕, 飯田 元, "初学者向けプログラミング演習における探索的プログラミングの実態調査と支援手法の提案," 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2014), pages 123-128 2014年12月.
[4] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "機械学習を用いたメソッド抽出リファクタリングの推薦手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 170-175 2014年9月.
[5] 戸田 航史, 濱崎 一樹, 亀井 靖高, 吉田 則裕, "Chromium Projectにおけるレビュアーと開発者の関係がレビュー効率に与える影響の分析," 日本ソフトウェア科学会 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 59-64 2013年11月.
[6] 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェアリポジトリを対象とした細粒度リファクタリング検出," 第20回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2013), pages 101-106 2013年11月.
[7] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用手法," ソフトウェアエンジニアシンポジウム 2011, 2011年9月.
研究会・全国大会等
[1] 田中大樹, 崔恩瀞, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の調査と予測モデルの構築," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, SS2016-73, pages 79-84 2017年3月.
[2] 田中 大樹, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 飯田 元, "プロセスメトリクスを用いたメソッド抽出事例の特徴調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016論文集, pages 241-246 2016年8月.
[3] 槇原 絵里奈, 井垣 宏, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元 , "探索的プログラミング行動の自動検出によるモデル化の検討," 情報処理学会研究報告, volume 2016-SE-191, number 16, 1 - 8 2016年3月.
[4] 川島 尚己, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソフトウェア開発実習におけるビルドログを対象とした初学者の特徴的な振る舞いの調査," 電子情報通信学会技術報告, volume 115, number 248, pages 29-34 2015年10月.
[5] 齋藤 雄輔, 藤原 賢二, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "Pull Request 駆動型の開発を支援するツールの検討," 電子情報通信学会技術報告, volume 114, number 416, pages 103-108 2015年1月.
[6] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "開発履歴分析を用いたコードクローン内外における欠陥発生率の調査," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-186, number 2, pages 1-8 2014年11月.
[7] 槇原 絵里奈, 藤原 賢二, Putchong Uthayopas, Chantana Chantrapornchai, Jittat Fakcharoenphol, 井垣 宏, 吉田 則裕, 飯田 元, "日本とタイにおけるプログラミング初学者のプログラミング行動の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 260, pages 47-52 2014年10月.
[8] 丸山 勝久, 沢田 篤史, 小林 隆志, 大森 隆行, 林 晋平, 飯田 元, 吉田 則裕, 角田 雅照, 岩政 幹人, 今井 健男, 遠藤 侑介, 村田 由香里, 位野木 万里, 白石 崇, 長岡 武志, 林 千博, 吉村 健太郎, 大島 敬志, 三部 良太, 福地 豊, "産学連携によるソフトウェア進化パターン収集の試み," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-184/2014-EMB-33, number 1, pages 1-8 2014年5月.
[9] 浦田大地, 吉田則裕, 藤原賢二, 飯田元, "ファイル編集履歴に基づいてデザインパターン適用事例を分析する手法の検討," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 277, pages 13-18 2013年11月.
[10] 藤原 雄介, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "版管理システムを用いた開発プロセスに適したコードクローン修正支援ツールの検討," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-182, number 30, pages 1-6 2013年10月.
[11] 山田 悠太, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, "トピック抽出を用いたソフトウェア開発履歴の可視化ツール," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, 2013年9月.
[12] 後藤 祥, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 崔 恩瀞, 井上 克郎, "メソッド抽出リファクタリングが行われるメソッドの特徴調査," 日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集, FOSE1-3_1-6 2013年9月.
[13] 伏田 享平, 吉田 則裕, 井垣 宏, 大平 雅雄, "第35回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2013)参加報告," 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[14] 藤原賢二, 吉田則裕, 飯田元, "構文情報を付加したリポジトリによるメソッド抽出リファクタリングの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 113, number 24, pages 19-24 2013年5月.
[15] 浦田大地, 藤原雄介, 平山力地, 濵﨑一樹, 吉田則裕, 飯田元, "ソフトウェア品質の第三者評価を目的としたメトリクス基準値導出法の提案," 電子情報通信学会技術報告, volume 113, number 24, pages 55-60 2013年5月.
[16] 山田 悠太, 藤原 賢二, 吉田 則裕, 飯田 元, "トピック抽出に基づく開発者の活動に着目したリポジトリ可視化手法," 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告, volume 2012-SE-178, number 16, 2012年11月.
[17] 亀井 靖高, 伊原 彰紀, 畑 秀明, 吉村 健太郎,吉田 則裕, "第34回ソフトウェア工学国際会議ICSE2012 参加報告," 情報処理学会研究報告, volume 2012-SE-177, number 5, pages 1-7 2012年7月.
[18] 平山力地, 吉田則裕, 飯田元, "スライスに基づく凝集度を用いて自動分割を行うプログラム理解支援手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 112, number 164, pages 127-132 2012年7月.
[19] 濵﨑一樹, 藤原 賢二, 吉田 則裕, Raula Gaikovina Kula, 伏田 享平, 飯田 元, "Android Open Source Projectを対象としたパッチレビュー活動の調査," 情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告, volume 2012-SE-176, number 12, 2012年5月.
[20] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[21] 吉岡 俊輔, 吉田 則裕, 伏田 享平, 飯田 元, "近傍ハッシュ法を用いた2段階のクラスタリングに基づくNear-missクローンの検出," 電子情報通信学会技術報告, volume 111, number 481, pages 37-42 2012年3月.
[22] 吉田 則裕, 木下 正喬, 飯田 元, "プログラム理解のための凝集度に基づく機能候補抽出," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
[23] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元 , "オープンソースソフトウェアを対象としたリファクタリングが欠陥混入に与える影響の調査," 日本ソフトウェア科学会 第28回大会 講演論文集, 2011年9月.
[24] 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元, "凝集度によるコード片の機能別分類手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 110, number 336, pages 79-84 2010年12月.
[25] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用支援," 電子情報通信学会技術報告, volume 110, number 336, pages 55-60 2010年12月.
[26] 木下 正喬, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソースコード解析に基づいた機能群の推定とその分類手法の提案," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
[27] 藤原 賢二, 伏田 享平, 吉田 則裕, 飯田 元, "ソースコード履歴情報に基づくリファクタリングと欠陥の関係分析," 平成22年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, 2010年9月.
受賞
[1] 中山 直輝, 吉田 則裕, 藤原 賢二, 飯田 元, 高田 光隆, 高田 広章, "最優秀論文賞," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, 2015年.
[2] 山本 哲男, 吉田 則裕, 肥後 芳樹, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2011 優秀論文賞," 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2011年9月.